windowsmykey

windows8.1

[PR 広告]

[PR] 【即発】kate spade Cameron カードケース レッド
[PR] 【即発】kate spade Cameron カードケース 紫
[PR] 【即発送】kate spade Morris 長財布 ネイビー
[PR] 【即発】kate spade Cameron 長財布ローズゴールド
[PR] 【即発送】kate spade Cameron 長財布 ピンク

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

第3章 新しいUIと主要アプリの使い方「1」


 Windows 8.1のUlは8を踏襲しつつも、8の大きな変化を少し戻した印象だ。とはいえ、スタートボタンを押して表示されるスタートメニューなど、Windowsフ以前のUlの多くは、大きく変わったままである。本章でこうした違いをしっかり押さえて、戸惑うことなく使えるようにしよう。
3.1  Windows 7との違い
 Windows 8/8.1ではスタートメニューがなくなったため、事前にそれを認識しておくとパニックにならない。ここではまず、新しい「スタート画面」を見ていく。
Windows 7の機能や操作との比較
 Windows 8/8.1では、起動するとまず「スタートが面」が表示される。この状態は、「従来のWindowsでスタートボタンが押され、スタートメニューが表示された状態」と考えると理解しやすい。ただし、windows8.1 osスタート画面は、スヤートメニューのような単なる起動メニューに収まらないほど多機能に発展している。
 例えば、「アブリ」と呼ばれる各プログラムを示すタイル状の新しいUIは大きさを2倍にして表示できるほか、「ライブタイル」として、ニュースのアプリならニュースのヘッドラインを表示するといったことが可能となり、スタート画面だけでさまざまな情報を得ることも可能だ。
 プログラムファイルを選んで[スタート画面にピン留め]とすれば、従来のショートカットをデスクトップに配置するような感覚で、スタート画面にタイルアイコンを表示できる。





関連記事:



  1. 2014/9/11(木) 11:44:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Windows 8.1の使いはじめの技(035-036) | ホーム | windowsタッチ操作の基本 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 X 閉じる
MORK